スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系職を狙う

たまに、有名な就活ブログや就活本を読んでみると
「通過するエントリーシート(ES)の書き方」とか怪しげな記事とか
(もっと酷くなるとお金払ってそういった教材?を買わせるサイト)
まあごまんとWEB上に転がっているわけですが、
ずっと前から疑問に思っていたことがあります。

なぜ、理系と文系が分かれていない?!
(もしくは、院生と学部生)
学部生の方が就職する人数が多いからのような気がしますが
研究職や技術職を狙う理系や院生も結構多いと思います。
金融・商社やコンサル等の就活対策は溢れるほどあるけど、
理系研究職向けの就活対策ってほとんど見ないのです。

何故か?答えは単純

そういった対策を記す人は、「文系」だから!

だいたい、若手のコンサルタントだったり、
最近は就活コンサルみたいな人もいますよねー
理系の世界を体験したこと無い人がほとんどだと思いますし、
「研究」がどんな事かすら分からない人達だと思います。
理系の就活をどのようにすればいいのか、分からないのですよね。

私は、就活対策としていろんな知識を伝授してくれるのは嬉しいですが、
「文系と理系を一緒くたにして欲しくない」と言いたいです。

ここからは私の完全な自己解釈ですが、
なぜ理系と文系を分けて欲しいのかというと
最初の言葉を取って言うと、理系と文系では
「通過するESの書き方が全く違う」から。
書き方というより、戦略の立て方と言うべきかもですが
理系で研究職の場合、
・よっぽど変な日本語ではない
・よっぽど学歴が低くない
・大手病じゃない
限り、ある程度はESは通過できます(私の経験から)。
もちろん化粧品業界とか、文系チックなESが有効なところもあると思いますが
ESの書き方云々より、理系では効果的に面接でアピールするのが
最優先事項なのだと考えてます。
こう考えると、最終的に行き着く先は
今まで私がずーっと言ってきた「差別化」だと思ってます。
(差別化については、過去記事を参照してください)

ESをアホほど時間使って書いているよりは
「実験しろ」
そう言いたいですねw
研究に関する知識を身につけた方がよっぽど有意義な気がします。

人気ブログランキングへ
↑ブログ更新のモチベーションです。

Comment

2010.01.30 Sat 23:11  |  

ESで大手病かどうかという判定ができるのでしょうか?
どう書くとそういう判定をうけてしまうのか、できましたら教えてください。

  • #-
  • jef
  • URL

2010.01.30 Sat 23:36  |  

>jefさん

書き方が悪かったです。すみません・・・
大手病か判断するのは、あくまでも自分側です。
会社側は判断できないと思います。

大手病だと大手にしかESを出さないという事になります。
通過者の割合が希望者に対して小さくなる大手のES通過率は
中小企業に対して低くなります。
(面接の規模が違ったりで一概には言えませんが、
私の仮定では、大手は通過しにくいという経験上のイメージです)

高校受験とか、大学受験を考えてみると分かりやすいかもです。
自分のレベルより遥か上の学校は受けませんよね?

ここで言うレベルは
学歴・研究のレベルを指すと考えていますので、
東大京大でファーストでいくつか論文出した、なんて人は
大手病でも全然構わないと思います。


2010.07.31 Sat 00:56  |  

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

  • #-
  • 学歴の書き方
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ninespirit.blog85.fc2.com/tb.php/84-3d980168
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

2010年度 選考内容まとめ

#19 カネボウ化粧品の選考
#18 カネカの選考
#17 旭化成の選考
#16 富士フイルムの選考
#15 資生堂の選考
#14 ロート製薬の選考
#13 日本新薬・日本化薬の選考
#12 協和キリン・田辺三菱の選考
#11 大正製薬・大鵬薬品の選考
#10 武田・第一三共の選考
#9 メグミルクの選考
#8 KAGOME・カルピスの選考
#7 明治乳業・森永乳業の選考
#6 味の素・AGFの選考
#5 コーセーの選考
#4 ヤクルト本社の選考
#3 ライオンの選考
#2 花王の選考
#1 大塚製薬の選考

採用数の変遷
2010卒の採用大学

------Back Number------ 特許の調べ方
研究の差別化について
就活に必要な5つのコト
SPIノートの会
WEB・SPIテスト対策

エントリーシート提出時期傾向

製薬業界全体の傾向
化学業界全体の傾向
食品業界全体の傾向

----選考内容(分野別)----

最新記事

プロフィール

Author:ないん
新薬を創る研究者として働くなりました
「ないん」と申します。
メール:
ninespiritあっとgmail.com
↑「あっと」を「@」に直して下さい

初めてご訪問の方は
このブログについて・ご注意
ぜひ一読お願いします。

詳しいプロフィール

カテゴリ

Access

since 2009.8.18

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログパーツ

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索/RSS


FeedBurner


↑iGoogleをお使いの方はぜひ




最新おすすめ就活本

リンク

ランキングに参加してます

↓クリック頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ないん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。