スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活において真に問われる5つのコト

人気ブログランキングへ
↑押していただけると
↑更新意欲が格段に上がります。


内定が取れる人と取れない人の違いって何でしょうか。

企業側はESや面接で各人物を見て、
最終的に合否という形で結果を出します。
それは、選ぶ人の考え方・嗜好でも変わってくるし
そこには明確な「基準」は存在しないと思います。
でも、やはり内定を取れる人は複数取れるし、取れない人は取れない。
こんな結果が実際に現れているのは、
企業側が見ようとしている事に対して、
ESや面接で曖昧ながらも答えられているからだと思います。

今回はたいそう偉そうなタイトルを書きましたが(笑
私が就活全般において軸にしてきた「基準」を書きたいと思います。
曖昧なものを明確にしようとしているので、多少無理があるかもしれません。
でも何も考えずにES書いたり面接受けるよりは
こんな事を念頭に置いて自己分析を始めれば
良い結果が出やすいんじゃないかなと思います。
(今回はそこら辺の就活本に書いてある事と大して変わらないかもしれません・・・)

1.忍耐力
  企業側が選考を進めて、採用するのは働く人が欲しいから。
  リクルートなんかにわざわざお金も払って募集もして、
  選考を重ねて採用した人材が、数か月で辞めてしまうのは
  会社にってかなりの損失に直結してしまいます。
  まじめに長期間働くことの出来る人が欲しいのです。

2.コミュ力
  よくコミュ力(笑)とか皮肉られたりするようですが、かなり重要です。
  実際に、会社で研究職として働く上で重要視されるのは
  グループ間やグループ内での円滑なやりとりです。
  これが大学での研究と大きく違うところだと思います。
  (共同研究やグループでやってる人もいると思いますが)
  疑問であることを積極的に発言したり、解決策を提案したり、
  そういったものも含め、人との会話は必要不可欠なのです。

3.熱意
  ある企業を志望するからには、その企業の事を分かって無いとダメ。
  どんな事業分野があるのか、どんな仕事があるのか、
  それを分かってる上での志望に意味があります。
  大企業だから行きたいなんてのは理由になりませんよね。
  ここで働きたいのだ!という熱意とその確たる理由が必要です。
  「この会社でなければ出来ない事がある」という理由です。

4.将来性
  企業側は、学習能力が優れているだけでは採用しないと思います。
  大事なのは、「入社後の活躍が期待できるか」です。
  具体的には、「たくさん論文書いて学会発表した!」だけではダメで、
  その研究からどんな技術革新に繋がる等、将来性を見据えられる人です。
  将来を見れる人は将来性がある。とでも言っておきましょうかw

5.研究能力
  最後に、一番なくてはならない研究能力です。
  研究職として採用することは、今後その人の研究がお金になるという事。
  ある程度のスキルと幅広い知識・教養を持ってる人
  その企業の看板として、責任を持って研究が出来る人

  こんな人が欲しいのではないかと、私は想像して選考に臨みました。

書いてみると当たり前の事なのかもしれませんが、
実際にES書いてみたり、面接の場面になったりすると
すんなりと出てこない人が多いかと思います。
最初からこんな事を考えつつ就活を進めていくと、
内定の確率も少しは上がるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
↑押していただけると
↑更新意欲が格段に上がります。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ninespirit.blog85.fc2.com/tb.php/62-4b7397f9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

2010年度 選考内容まとめ

#19 カネボウ化粧品の選考
#18 カネカの選考
#17 旭化成の選考
#16 富士フイルムの選考
#15 資生堂の選考
#14 ロート製薬の選考
#13 日本新薬・日本化薬の選考
#12 協和キリン・田辺三菱の選考
#11 大正製薬・大鵬薬品の選考
#10 武田・第一三共の選考
#9 メグミルクの選考
#8 KAGOME・カルピスの選考
#7 明治乳業・森永乳業の選考
#6 味の素・AGFの選考
#5 コーセーの選考
#4 ヤクルト本社の選考
#3 ライオンの選考
#2 花王の選考
#1 大塚製薬の選考

採用数の変遷
2010卒の採用大学

------Back Number------ 特許の調べ方
研究の差別化について
就活に必要な5つのコト
SPIノートの会
WEB・SPIテスト対策

エントリーシート提出時期傾向

製薬業界全体の傾向
化学業界全体の傾向
食品業界全体の傾向

----選考内容(分野別)----

最新記事

プロフィール

ないん

Author:ないん
新薬を創る研究者として働くなりました
「ないん」と申します。
メール:
ninespiritあっとgmail.com
↑「あっと」を「@」に直して下さい

初めてご訪問の方は
このブログについて・ご注意
ぜひ一読お願いします。

詳しいプロフィール

カテゴリ

Access

since 2009.8.18

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログパーツ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索/RSS


FeedBurner


↑iGoogleをお使いの方はぜひ




最新おすすめ就活本

リンク

ランキングに参加してます

↓クリック頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ないん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。