スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげさまで

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、
↑更新意欲が格段に上がります。

ブログを始めて3か月が経過しました。
1か月の時よりもさらに見てくれる人も増えて
みんな就活を意識し出したのかな、と感じます。

たまに頂くメールも
なるべくそこらへんの就活本や就活ブログに無いような
具体的なアドバイスを提示できるように、
丁寧に読みつつ返信させて頂いてます!

ずっと思ってた事なのですが、
やっぱり、世にあふれている就活本を読むと
「なるほどー」とは思うのですが、
実際にES書いたり面接の場面になると
「で、何をすればいいの?w」
ってなるのですよ。(私だけなのかな。。。)
上辺だけのアドバイスというか、一般論(常識的な考え)というか。
「こうすればよい!」という絶対的な答えが無いからこそ
多くの人が本やブログを書いて、種類も多様化させて、
就活生から搾取できる仕組みになっているのですかね。

私はこういった類のものが大っ嫌いで、(占いと同等と考えますw)
それなら具体的な会社の選考内容を書いた方が、
具体的に自分がした方法を書いた方が、
就活生にとってためになるのでは無かろうか。
そう思ってブログに少しずつまとめてこうか、と書いた次第です。

そんなわけで、私が受けた会社は7割ほど書き終わり
2011年度就活解禁の10月には、なんとかまとまりそうです。
内容的には大したこと書いてない箇所もありますがw
そこは素人クヲリティーという事で勘弁を・・・
(上で商用本を批判しときながら撞着かもですが)

何か分からない事がありましたら
適当にメールでもしてください。(友人にメールする感じで)
可能な限り返事します。
(ninespirit「あっと」gmail.com  ←「あっと」を @ にして送って下さい)
そこで、一般の就活本とは違ったことを感じてくれれば、
このブログを書いてて良かったー、と思えるので。

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、
↑更新意欲が格段に上がります。


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ninespirit.blog85.fc2.com/tb.php/60-dceec1b5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

2010年度 選考内容まとめ

#19 カネボウ化粧品の選考
#18 カネカの選考
#17 旭化成の選考
#16 富士フイルムの選考
#15 資生堂の選考
#14 ロート製薬の選考
#13 日本新薬・日本化薬の選考
#12 協和キリン・田辺三菱の選考
#11 大正製薬・大鵬薬品の選考
#10 武田・第一三共の選考
#9 メグミルクの選考
#8 KAGOME・カルピスの選考
#7 明治乳業・森永乳業の選考
#6 味の素・AGFの選考
#5 コーセーの選考
#4 ヤクルト本社の選考
#3 ライオンの選考
#2 花王の選考
#1 大塚製薬の選考

採用数の変遷
2010卒の採用大学

------Back Number------ 特許の調べ方
研究の差別化について
就活に必要な5つのコト
SPIノートの会
WEB・SPIテスト対策

エントリーシート提出時期傾向

製薬業界全体の傾向
化学業界全体の傾向
食品業界全体の傾向

----選考内容(分野別)----

最新記事

プロフィール

ないん

Author:ないん
新薬を創る研究者として働くなりました
「ないん」と申します。
メール:
ninespiritあっとgmail.com
↑「あっと」を「@」に直して下さい

初めてご訪問の方は
このブログについて・ご注意
ぜひ一読お願いします。

詳しいプロフィール

カテゴリ

Access

since 2009.8.18

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログパーツ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索/RSS


FeedBurner


↑iGoogleをお使いの方はぜひ




最新おすすめ就活本

リンク

ランキングに参加してます

↓クリック頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ないん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。