スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010年度】#18 カネカの選考

人気ブログランキングへ
↑押していただけると
↑更新意欲が格段に上がります。

あまり聞き慣れない会社だと思いますが、
化学業界大手でバイオ系採用してる
少ない企業の1つ、「カネカ」です。
京都大学・大阪大学から行く人が多いらしく
関西の大学では有名な部類なのではないでしょうか。
(私は就活始めるまで知りませんでしたw)

そもそも、化学業界は募集の対象に「大々的に」
「薬学・生物学」専攻と書いてある企業は少ないです。
花王・東レ・富士フイルム・住友化学・テルモくらい?(大手に絞ると)
今後注力する事業に「ライフサイエンス」とか「医療」とか
それらをキーワードとする会社ですね。
カネカは意外にも太陽電池や食品もやってたりします。
分野は幅広いので募集専攻も多様です。
バイオ系の研究に携われるチャンスを増やす意味でも
私はこれらの化学業界はお勧めしたいです。

しかもカネカは面接2回しか行われないので、
序盤からガチで技術面接をしてくれます。
プレゼンの経験値を積むにもいい会社だと思います。

みん就(http://www.nikki.ne.jp/bbs/4118/)
カネカ採用情報(http://www.kaneka.co.jp/recruit/index.html#)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 カネカ新卒採用概要
・研究職採用人数 ★★★☆☆(30名前後)
・去年までの違い  ★★☆☆☆
・選考ステップ数  ★★☆☆☆
・難易度(体感)   ★★★☆☆

はじめに、選考の流れから。
【適正検査】→【ES提出(郵送)】→【技術面接】→【最終面接・筆記テスト】

電機・機械業界のようにステップは少なめです。
推薦もあるようですが、詳細は分かりません・・・
技術面接からのスタートになるのでしょうか。
ただ、合格率は一般でも推薦でも変わらないとの事。

募集要項では技術系45名となっていましたが、
研究開発職に絞ると実際は30人程度。
バイオ系10名・化学系15名・その他5名といったところでしょうか。
バイオ系でみるとやはり他企業と変わらないですね。

カネカでの一番のポイントは
「プレゼン力」だと思います。
この会社の面接は「技術面接」重視です。
最終面接でも技術プレゼンを行います。(ただ面接官が偉くなるだけ)
いかに分かりやすいプレゼンを行い、
質疑応答を矛盾なく説明できるか。
その上手さが大事だと感じました。

最終面接でもかなり落とされるようです。
やはり今年はどこの会社でも厳しかったのですよね。

以下、選考の内容を書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【エントリー(WEB)&適正検査】2月~
結構遅めだった気がします。10月からエントリー始まってるかもしれませんが。
一番最初の選考は適正検査です(確か2月上旬から)。
検査といってもただの性格テストです。
性格テストはフィードバックしてもらえます。
正直に答えると足切りされる恐れがあるので、
私は偽の自分になりました。(※これ、就活においては結構重要です)
性格テストだけで合否が分かれるのは怖いですねw

【ES提出(郵送)】随時(早く出せば早く選考してもらえる)
どの会社でも言ってますが、
採用数が少ないバイオ系は特に早い者勝ちです。
早く提出すれば採用も早く進むし、ハードルも低い!
(小林製薬の人事の方がセミナーで熱弁してましたw)

質問内容は以下の通り
・研究テーマと、取り組もうと考えた背景と今後の夢(500字程度)
・大変だったこと、工夫したこと(500字程度)
・カネカはどんな会社ですか(500字程度)

結構書く量は多いのですが、頻出問題なので
それほど大変ではないですね。
最後の質問も、みん就のをコピペした覚えがあるのでw
何で選考通過したのか分かりません・・・
ただ、研究テーマは死ぬほど分かりやすく書いたつもりです。

通過したなら、履歴書・研究概要A4で1枚・成績証明書を事前に郵送。

【技術面接】3月上旬(ESを早く出せば、もっと早く選考してもらえる?)
1:2、3人でかなり和やかな雰囲気で行われます。
私は技術系の方と人事の2人でした。
はじめに10分ほどで研究内容を説明し、
50分ほど質疑応答です。(長い・・・)
パワポは使えず、ホワイトボードなら自由に使えます。
また、研究結果の画像等 当日持っていけば使えます。
技術系の方は自分の専門に近い人でしたが、
それほど鋭い質問は無かったと思います。
今後、どうやったら面白い研究になるのか とか
今の研究が入社後、どのような研究に役立つのか とか
しっかり自分の言葉で考えて答えられればOKだと思います。
(むしろそれが研究職の就活において真理な気がしますがw)
技術面接では人事の方が空気だったので、
最後の5分くらいだけ、サークルの話・趣味特技・学校の成績 等
数問ですが人事の方に質問されましたね。

また、同時に研究所見学もしました。

【最終面接】4月中旬~随時
専攻によってはもっと早く行われていたかもですが、
バイオ系の私は4月下旬でした。
面接形式は全く同じですが人数が倍になって偉くなります。
技術面接と同じことしただけなので省きます。

また、SPIが120分ありました。
難しい問題はなく、典型的問題だけなので
問題集1冊やっとけば十分でしょう。
早く確実に解く練習を繰り返しておけばOK。
(SPIの結果はあまり考慮に入れないそうなので)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【感想】
カネカは時間にルーズな会社だと思いました。
選考日程きっちり、時間もきっちりやってる
大企業ばかり受けていたから錯覚してるだけかもですが、
日程もあやふやだし、通過連絡も遅かったり
みん就にもいろいろ不満が書かれていましたw
1か月待たされたあげく、不合格とかあったみたいです・・・
(旭化成もそんなイメージですね)

ただ、選考内容はかなり経験値がおいしいです!
プレゼン慣れしてない方は、ぜひ受けてみて
上手く答えられなかったところをメモしておきましょう。
必ず後で役に立つと思います。
「就活は慣れ」とよく言ったものです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ninespirit.blog85.fc2.com/tb.php/59-13782b39
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

2010年度 選考内容まとめ

#19 カネボウ化粧品の選考
#18 カネカの選考
#17 旭化成の選考
#16 富士フイルムの選考
#15 資生堂の選考
#14 ロート製薬の選考
#13 日本新薬・日本化薬の選考
#12 協和キリン・田辺三菱の選考
#11 大正製薬・大鵬薬品の選考
#10 武田・第一三共の選考
#9 メグミルクの選考
#8 KAGOME・カルピスの選考
#7 明治乳業・森永乳業の選考
#6 味の素・AGFの選考
#5 コーセーの選考
#4 ヤクルト本社の選考
#3 ライオンの選考
#2 花王の選考
#1 大塚製薬の選考

採用数の変遷
2010卒の採用大学

------Back Number------ 特許の調べ方
研究の差別化について
就活に必要な5つのコト
SPIノートの会
WEB・SPIテスト対策

エントリーシート提出時期傾向

製薬業界全体の傾向
化学業界全体の傾向
食品業界全体の傾向

----選考内容(分野別)----

最新記事

プロフィール

ないん

Author:ないん
新薬を創る研究者として働くなりました
「ないん」と申します。
メール:
ninespiritあっとgmail.com
↑「あっと」を「@」に直して下さい

初めてご訪問の方は
このブログについて・ご注意
ぜひ一読お願いします。

詳しいプロフィール

カテゴリ

Access

since 2009.8.18

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログパーツ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索/RSS


FeedBurner


↑iGoogleをお使いの方はぜひ




最新おすすめ就活本

リンク

ランキングに参加してます

↓クリック頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ないん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。