スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010年度】 #1 大塚製薬の選考

企業別選考内容第一弾!
みんしゅう(http://www.nikki.ne.jp/bbs/18015/)にもそのうち
2010年度版が作成されると思いますが、それよりは詳しく書きたい。
でも詳し過ぎるのも支障が出かねないので、適度に詳しく、ね。
しかしこの時期に書いて見てくれる人なんているのかなw
まあ少しずつ書かないとコンテンツとして成り立たないので。
時期を見て再うpするかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 大塚製薬新卒採用概要
・研究職採用人数 ★★☆☆☆(数十人)
・去年までの違い  ★★★★☆
・選考ステップ数  ★★☆☆☆
・難易度(体感)   ★★★☆☆

はじめに、選考の流れから。
【WEBエントリー】→【履歴書】→【面接】
非常に選考ステップが短いです。
合格の連絡は、基本通過者のみに来ます。

大塚製薬での一番のポイントは
「分かりやすい研究概要を作る」だと思います。
というのも、去年までと選考方法が大きく変わり、
今まではES提出者は無条件でグループ面接に進むことができたのですが、
今年からはESでかなり絞られます。
大塚は4月以降の選考開始となっているので、
日程的にも厳しいのだからだと推測できます。
そしてES通過の決め方は「研究概要」
各分野の研究所の方が審査して、興味のある人だけ
面接に呼ぶと人事の方がおっしゃっていました。
従って、「いかに分かりやすく自分の研究が面白く伝えられるか」
がポイントになってきます。
落ちても連絡が来ないので、興味を持たれないとそのまま無視w

そして大塚は研究技術職という大きな枠で募集していますが、
選考は前述の興味の持たれた研究所から指名されますので、
面接に進んだら、既に自分の希望に関係なく分野が決められています。
私は「薬理」に行きたかったのですが、面接は「消費者商品研究」で進みましたw
いわゆるポ○リ、S○YJOYのような商品研究ならびに開発の業務です。
もともと食品研究は興味あったので、それはそれで楽しそう。

以下、各選考ステップのなるべく詳しい事を書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【プレエントリー(WEB)】11月10日~

【エントリー(WEB)】1月20日~2月下旬締切
ここで100字程度の自己PRと結構長め(1000字だったかな?)の研究概要を送信。
合否に関わらず、後日履歴書を送ってくれとのメールが来ます。

【履歴書提出(郵送)】エントリー後即日
書式指定無しの履歴書を郵送します。もちろん早く送った方が良い。
私は学校指定(A3)のを選びましたが、志望動機とか自己PRとか
全部で1000字ほど書くあって面倒くさかったので、
右半分を全部切り取ってA3にして送りましたw
(当然のことながら、あまり良くない事です)
上記のとおり、研究概要のみの判断によって3月中旬にメールで
「通過者のみに」通過連絡が来ます。
同時にマイページが用意され、ここで一次面接の予約を行います。
人事の方が、メールの返事を書いてくれないと嘆いていたので、
メールが来たらちゃんと返信しましょう。

【説明会・一次面接】4月上旬~各地域ごと随時
4月はじめから人事さんが各地域を回って説明会・一次面接を行います。
私は関東圏内なので、東京で面接を受けました。
説明会はパンフレット配って通常通り。自由な社風です。
その後、選考分野別にグループ面接(学生4、5人:面接官2、3人)
説明会中に自己紹介シートなるものを書くので(自分の特技・資格とか長所・短所)
主にそれに沿って質問されます。「明るく元気に」が一番の通過ポイント
でもカラ回ってしまってもダメ。しゃべり過ぎてもダメ。空気を読みましょうw
隣の人が空回りして上手く答えられておらず、少し可哀そうでした・・・

【二次試験(最終)】4月下旬~各分野ごと随時
一次面接に合格すると、メールで連絡が来ます(4月中旬頃)。
通過率は不明ですが、グループに1人くらいなのかな?
徳島工場内の研究所にて行われます。交通費はもちろん出ます。
宿泊しないと行けない人はちゃんと宿泊費も出ます。
選考内容は英語試験、適性試験、所属長・研究所長との面接。
試験は英語が無理ゲーです。しかし面接重視のようですので問題無。
研究概要を最初5分ほどで口頭orホワイトボードで説明し、
そのあと質問攻め。こういう所で特許話が効いてきますねー。
どの企業の選考でも共通しますが(一部を除く)、
内々定の連絡はすぐに(遅くても1週間以内)来る傾向があります。
ダメだったら気持ちを切り替えて、次の選考に支障のないように!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【感想】
大塚製薬は内資系の典型的な会社だと思いました。
基本終身雇用ですし、日本の古き良き伝統を引き継いだ会社だと思います。
そして、「他社から真似されるような新しい商品を創り出す」
という信念も素晴らしいものだと思いました。
でもやっぱり少しお堅いかな、なんてイメージも持ちました。
「履歴書で修正液使ってある時点で落とす」と人事さんから聞いた時も
結構ビックリ!しましたねー。
咄嗟に「大事な書類なのですから、そんなの当たり前ですよねー」
と返しましたが、社会の厳しさ(笑)を実感しました。

そして何といっても、「明るく元気に話すこと」が重要。
やっぱり研究職と言えど、明るい人と仕事した方が楽しいし、
モチベーションが上がればおのずと仕事効率も上がると思います。
就活を通して、やっぱり個人の雰囲気って良く見ているのだなー
と、すごく良く思いましたし実感もしました。
特に大塚製薬はこんな傾向が強い会社の一つだと思いました。

こんな感じでいかかでしょうか?
他の会社も書いてけば、もっといいテンプレが見つかりそうなので
そうなったら後日また訂正・修正していきたいと思います。
また、こんなこと書いて欲しい等ありましたら、
気軽にコメント・メール下さい。

人気ブログランキングへ←押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ninespirit.blog85.fc2.com/tb.php/28-70451902
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

2010年度 選考内容まとめ

#19 カネボウ化粧品の選考
#18 カネカの選考
#17 旭化成の選考
#16 富士フイルムの選考
#15 資生堂の選考
#14 ロート製薬の選考
#13 日本新薬・日本化薬の選考
#12 協和キリン・田辺三菱の選考
#11 大正製薬・大鵬薬品の選考
#10 武田・第一三共の選考
#9 メグミルクの選考
#8 KAGOME・カルピスの選考
#7 明治乳業・森永乳業の選考
#6 味の素・AGFの選考
#5 コーセーの選考
#4 ヤクルト本社の選考
#3 ライオンの選考
#2 花王の選考
#1 大塚製薬の選考

採用数の変遷
2010卒の採用大学

------Back Number------ 特許の調べ方
研究の差別化について
就活に必要な5つのコト
SPIノートの会
WEB・SPIテスト対策

エントリーシート提出時期傾向

製薬業界全体の傾向
化学業界全体の傾向
食品業界全体の傾向

----選考内容(分野別)----

最新記事

プロフィール

ないん

Author:ないん
新薬を創る研究者として働くなりました
「ないん」と申します。
メール:
ninespiritあっとgmail.com
↑「あっと」を「@」に直して下さい

初めてご訪問の方は
このブログについて・ご注意
ぜひ一読お願いします。

詳しいプロフィール

カテゴリ

Access

since 2009.8.18

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログパーツ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索/RSS


FeedBurner


↑iGoogleをお使いの方はぜひ




最新おすすめ就活本

リンク

ランキングに参加してます

↓クリック頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ないん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。