スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010年度】#5 KOSE(コーセー)の選考

↓押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw
人気ブログランキングへ

第五弾は化粧品業界のKOSE(コーセー)
コーセーの説明会で人事の方がおっしゃっていましたが、
化粧品業界の研究職は女性よりも男性の方が多いとのこと。
女性ばかりかと思って受けようと思ってたので(動機不純)
少し意外でしたね。まあ志望動機なんてそんなもんですw
化粧品業界はESは通ったのですが、どこも面接敗退でした・・・
でも、かなり難関と言われるKOSEのES通っただけでも満足です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 コーセー新卒採用概要
・研究職採用人数 ★☆☆☆☆(研究職10名前後)
・去年までの違い  ★☆☆☆☆(完全に倫理憲章無視)
・選考ステップ数  ★★★★☆
・難易度(体感)   ★★★★★

みん就(http://www.nikki.ne.jp/company/4922.html)
コーセー採用情報(http://www3.kose.co.jp/recruit/index.html)

はじめに、選考の流れから。
【WEBエントリー】→【ES(郵送)】→【面接・筆記試験】
面接も3次面接まであるので、平均的か少し多いくらいの選考ステップ数です。
ESはダウンロードして手書きのもの。これでかなり絞りこまれるようです。
(一次面接の人数も日程も思ったより少なかったので)
合格の連絡は、通過者のみ。

コーセーでの一番のポイントは
「個性」だと思います。
ESの設問が非常に難しく、かなり個性的でした。
個性的なものには個性で返す。これが持論ですw
ESはかなり個性を出したので通ったと思うのですが、
面接敗退は、2,3回目くらいのまだ面接慣れしていない状態で、
グループ面接もあまり積極的に発言が出来なかったのが原因だと思ってます。
やはり、「個性を積極的に出す」これが一番重要な気がします。
以下、各選考ステップのなるべく詳しい事を書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【エントリー(WEB)】10月~
ここではまだ仮エントリーな状態。
氏名・住所・学校とか基本的な情報の入力だけだったと思います。
その後、マイページが用意されます。

【ES提出(郵送)】1月中旬締切
研究開発職でESを提出します。
これがかなり面倒。(以下に質問を載せますが)
書くのが嫌になって結局出さなかったなんて友人もいました。
きちんと自分の個性を出して最後まで書いていけば、
普通に通過できると思います。

質問は以下の通り
・基本情報(氏名、住所、学歴、資格、TOEIC、サークルアルバイトなど)
・研究内容(1文程度で)
・他の志望する業界・業種
・長所を2つ挙げ、その長所をコーセー入社後にどう活かしたいですか。(500字程度)
・人を見て“美しい”“綺麗だ”“魅力がある”と感じるのはどのようなときですか?
 なぜそのように感じるのか理由も併せてお書きください。(300字程度)
・□+□=「美」という左記の□の中に、
 これまであなたが体験・経験したことを象徴する写真・絵・図形・記号・文字などを
 自由に入れて式を完成させ、併せてそのように記入した理由をお書きください。(400字程度)

質問数は少ないのですが、1問1問が重いです。
(例:資生堂は問題数が多く、1問1問に対しては書く量が少ない)
特に最後の質問は、私が書いたESの中で一番面倒くさかったですw
最後の質問はこんな感じ↓
KOSE

恥ずかしくてブログ上では言えないのですが、
私は他の人が絶対やらなそうな工夫をしました。
どこのESでもそうだと思いますが、
自分だけが出来る事(個性)を使った工夫が
難関ESを突破する唯一法なのだと思います。

コーセーは合格発表が決まっており(2010年度は2月14日)
私の場合は12時頃メールで通過連絡が来ました。
それからすぐにWEB上で面接の予約を行います。

【一次面接・筆記試験】2月下旬
各ターム50人くらいで1日のうち午前組と午後組に分かれています。
それが2,3日くらいあったと思うので、全部で300人くらいですかね。
1日の日程がかなり長いです(だいたい5時間くらい)
個人面接(10分程度)、GD(1時間弱)、筆記試験(40分程度)が行われます。
個人面接はESに沿った形で聞かれるだけでした。
GDでいかに個性を出せるかが通過のカギだと思います。
ちなみに筆記試験は、性格テストだけですので勉強の必要はなし。

これを通過すると
3月上旬に2次面接(部門長面接)
3月中旬~下旬に最終面接です。
例年通りだと、すべての選考で個人面接+GDがあるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【感想】
前述の通り、コーセーの選考は「個性」重視だと感じました。
ちゃんといつも通りの自分を出すことが大事です。
そしてその結果、コーセーという会社に合っていると判断されれば合格になるし、
合わないなと判断されれば当然不合格です。
これはもう対策云々では無く、運と縁だと思います。
就活全般でも言えることだと思いますが、
特に化粧品業界ではその傾向が強く感じました。
研究概要重視なんてことは行わないので、
いろんな学歴の方がいたし、個性も多様だった気がする。
文系チックな選考方法と言えばいいのでしょうか。
某企業の人事さんの言葉ですが、
文系の選考基準は、その人の雰囲気と、実際にいる上司の雰囲気が
似ているかどうかで判断したりします。
なんて言ってたのを思い出します。
出来る上司に近い人物像=欲しい人材 なんですよね、文系では。
それが、就活は「運」とか「縁」であると言われる所以だと思います。

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw
スポンサーサイト

2010年度 選考内容まとめ

#19 カネボウ化粧品の選考
#18 カネカの選考
#17 旭化成の選考
#16 富士フイルムの選考
#15 資生堂の選考
#14 ロート製薬の選考
#13 日本新薬・日本化薬の選考
#12 協和キリン・田辺三菱の選考
#11 大正製薬・大鵬薬品の選考
#10 武田・第一三共の選考
#9 メグミルクの選考
#8 KAGOME・カルピスの選考
#7 明治乳業・森永乳業の選考
#6 味の素・AGFの選考
#5 コーセーの選考
#4 ヤクルト本社の選考
#3 ライオンの選考
#2 花王の選考
#1 大塚製薬の選考

採用数の変遷
2010卒の採用大学

------Back Number------ 特許の調べ方
研究の差別化について
就活に必要な5つのコト
SPIノートの会
WEB・SPIテスト対策

エントリーシート提出時期傾向

製薬業界全体の傾向
化学業界全体の傾向
食品業界全体の傾向

----選考内容(分野別)----

最新記事

プロフィール

ないん

Author:ないん
新薬を創る研究者として働くなりました
「ないん」と申します。
メール:
ninespiritあっとgmail.com
↑「あっと」を「@」に直して下さい

初めてご訪問の方は
このブログについて・ご注意
ぜひ一読お願いします。

詳しいプロフィール

カテゴリ

Access

since 2009.8.18

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログパーツ

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索/RSS


FeedBurner


↑iGoogleをお使いの方はぜひ




最新おすすめ就活本

リンク

ランキングに参加してます

↓クリック頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ないん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。