スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010年度】#19 カネボウ化粧品の選考

人気ブログランキングへ

化粧品業界の中では大手に入るのでしょうかね?
花王の子会社であるカネボウ化粧品です。
そろそろ選考内容も書ける会社が少なくなりました。
この、カネボウ以降は何も考えていませんので、
もし知りたい会社があったら、コメントにでも書いてください!
そちらから優先して書いてこうと思うので。

もともと戦前からの歴史ある企業(日本でトップの会社)であった
鐘淵紡績(カネボウ)からスタートしているそうです。
前回紹介した、カネカ(元、鐘淵化学工業)も、
カネボウの非繊維事業から独立した会社です。
その鐘淵化学から化粧品分野として独立したのがこの会社です。
本家(と言うのか分かりませんが)のカネボウは、
いろんないざこざ(wikiとか見て下さい・・・)により上場廃止となり
会社名を変更して現在のクラシエホールディングスになっています。
さらに先月(2009年9月24日)、ホーユーがクラシエを買収してます。
ホーユーはヘアカラーなどで有名ですよね!
採用はどうなるのか分かりませんが、おそらく別々に採用するのだと思います。
(メグミルク雪印乳業と同じように)

クラシエ採用情報(http://www.kracie.info/)
ホーユー採用情報(http://hoyu-recruiting.jp/)

私はこの2社は受けてないのですが、
受ければ良かったなーと思った会社ですね。

みん就(http://www.nikki.ne.jp/company/200409171514020022.html)
カネボウ採用情報(http://a9.deliv.jp/kanebo_cos/)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 カネボウ化粧品新卒採用概要
・研究職採用人数 ★☆☆☆☆(5-7名前後)
・去年までの違い  ★★☆☆☆
・選考ステップ数  ★★★★★
・難易度(体感)   ★★★★★

はじめに、選考の流れから。
【ES提出(WEB)】→【1次選考(郵送)】→【面接4,5回】

採用人数が極めて少ないうえに、面接回数も多いです。
私が思うに、最難関企業でしたね。
リア充の中のリア充しか採用しない、という感覚です。

大事なポイントは、「全て(笑)」
自分のすべてを出し尽くして、ダメならダメという事でしょう。

以下、選考の内容を書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【エントリー(WEB)&ES提出(WEB)】10月~
もうエントリー始まってますね。
ちゃちゃっと登録だけでも済ませてしまいましょう!
次のステップは性格テスト(あったか忘れてしまいました・・・)の後に
ESをWEBで提出します。
質問は以下の通り。

・自己PR (1000字)
・志望動機 (1000字)

これ意外とやっかいです・・・
後でいいや、と思って提出も遅くなってしまいがち。
でも既に選考は始まっているのです!早めに出しましょうw

【一次選考(郵送)】2月上旬までに提出
これまた珍しいと思いきや、ただのESだと思えばいいですw
この選考は郵送での課題提出です。
これもかなり面倒ですが、出すか出さないか
それ自体で選考の意味をなしていると思われます。
出せばそれだけで面接に臨めるので、やっぱり出しましょう!

課題は以下の通り。

「すべてを、お客さまの満足のために。」が当社の行動基準ですが、
これまでの経験の中で、あなたが相手に満足してもらうために
したことは何ですか?(A4用紙 1枚 1200文字以内)


文字数は制限されていますが、A4で自由に書いていいので、
私は絵とか書いて「分かり易さ重視」で送りました。

【2次選考―最終面接】3月下旬~4月下旬
2次選考はセミナー(説明会)と同時に行われます。
面接は1:5の集団面接。
かなり突飛な質問をされる事もあるようです。

3次選考はGD
設定人物になりきり、自分の案をプレゼンするディスカッションです。
これと同時に筆記テストが行われる。
テストは簡単で、WEBテストのGABと同程度の問題レベル。

4次選考は個人面接
これは典型的な面接で突飛な質問はないようです。
面接官はお偉いさん含む3人程度。

最終面接も個人面接
これも典型的な質問ばかりです。
こちらも相手は3人だが、最お偉いさん登場。
最終面接で合格すれば、内定後の役員面接があるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【感想】
何度も書いている気がしますが、
自分の意見を間違いなく相手に伝えられる能力が必要です。
(分かりやすく、かつ相手が共感してくれる内容で)
そのようにアピールすることが、「この人材が欲しい」
と面接官に思わせる一番の効果的な方法だと思ってます。

今後はどんな事をブログに書いていこうか悩んでますが
クラシエ、ホーユーを今回紹介したように
こんな会社もあるよ!ってのも良いかななんて思ってます。

人気ブログランキングへ
毎回押して下さっている方に感謝です!
スポンサーサイト

【2010年度】#18 カネカの選考

人気ブログランキングへ
↑押していただけると
↑更新意欲が格段に上がります。

あまり聞き慣れない会社だと思いますが、
化学業界大手でバイオ系採用してる
少ない企業の1つ、「カネカ」です。
京都大学・大阪大学から行く人が多いらしく
関西の大学では有名な部類なのではないでしょうか。
(私は就活始めるまで知りませんでしたw)

そもそも、化学業界は募集の対象に「大々的に」
「薬学・生物学」専攻と書いてある企業は少ないです。
花王・東レ・富士フイルム・住友化学・テルモくらい?(大手に絞ると)
今後注力する事業に「ライフサイエンス」とか「医療」とか
それらをキーワードとする会社ですね。
カネカは意外にも太陽電池や食品もやってたりします。
分野は幅広いので募集専攻も多様です。
バイオ系の研究に携われるチャンスを増やす意味でも
私はこれらの化学業界はお勧めしたいです。

しかもカネカは面接2回しか行われないので、
序盤からガチで技術面接をしてくれます。
プレゼンの経験値を積むにもいい会社だと思います。

みん就(http://www.nikki.ne.jp/bbs/4118/)
カネカ採用情報(http://www.kaneka.co.jp/recruit/index.html#)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 カネカ新卒採用概要
・研究職採用人数 ★★★☆☆(30名前後)
・去年までの違い  ★★☆☆☆
・選考ステップ数  ★★☆☆☆
・難易度(体感)   ★★★☆☆

はじめに、選考の流れから。
【適正検査】→【ES提出(郵送)】→【技術面接】→【最終面接・筆記テスト】

電機・機械業界のようにステップは少なめです。
推薦もあるようですが、詳細は分かりません・・・
技術面接からのスタートになるのでしょうか。
ただ、合格率は一般でも推薦でも変わらないとの事。

募集要項では技術系45名となっていましたが、
研究開発職に絞ると実際は30人程度。
バイオ系10名・化学系15名・その他5名といったところでしょうか。
バイオ系でみるとやはり他企業と変わらないですね。

カネカでの一番のポイントは
「プレゼン力」だと思います。
この会社の面接は「技術面接」重視です。
最終面接でも技術プレゼンを行います。(ただ面接官が偉くなるだけ)
いかに分かりやすいプレゼンを行い、
質疑応答を矛盾なく説明できるか。
その上手さが大事だと感じました。

最終面接でもかなり落とされるようです。
やはり今年はどこの会社でも厳しかったのですよね。

以下、選考の内容を書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【エントリー(WEB)&適正検査】2月~
結構遅めだった気がします。10月からエントリー始まってるかもしれませんが。
一番最初の選考は適正検査です(確か2月上旬から)。
検査といってもただの性格テストです。
性格テストはフィードバックしてもらえます。
正直に答えると足切りされる恐れがあるので、
私は偽の自分になりました。(※これ、就活においては結構重要です)
性格テストだけで合否が分かれるのは怖いですねw

【ES提出(郵送)】随時(早く出せば早く選考してもらえる)
どの会社でも言ってますが、
採用数が少ないバイオ系は特に早い者勝ちです。
早く提出すれば採用も早く進むし、ハードルも低い!
(小林製薬の人事の方がセミナーで熱弁してましたw)

質問内容は以下の通り
・研究テーマと、取り組もうと考えた背景と今後の夢(500字程度)
・大変だったこと、工夫したこと(500字程度)
・カネカはどんな会社ですか(500字程度)

結構書く量は多いのですが、頻出問題なので
それほど大変ではないですね。
最後の質問も、みん就のをコピペした覚えがあるのでw
何で選考通過したのか分かりません・・・
ただ、研究テーマは死ぬほど分かりやすく書いたつもりです。

通過したなら、履歴書・研究概要A4で1枚・成績証明書を事前に郵送。

【技術面接】3月上旬(ESを早く出せば、もっと早く選考してもらえる?)
1:2、3人でかなり和やかな雰囲気で行われます。
私は技術系の方と人事の2人でした。
はじめに10分ほどで研究内容を説明し、
50分ほど質疑応答です。(長い・・・)
パワポは使えず、ホワイトボードなら自由に使えます。
また、研究結果の画像等 当日持っていけば使えます。
技術系の方は自分の専門に近い人でしたが、
それほど鋭い質問は無かったと思います。
今後、どうやったら面白い研究になるのか とか
今の研究が入社後、どのような研究に役立つのか とか
しっかり自分の言葉で考えて答えられればOKだと思います。
(むしろそれが研究職の就活において真理な気がしますがw)
技術面接では人事の方が空気だったので、
最後の5分くらいだけ、サークルの話・趣味特技・学校の成績 等
数問ですが人事の方に質問されましたね。

また、同時に研究所見学もしました。

【最終面接】4月中旬~随時
専攻によってはもっと早く行われていたかもですが、
バイオ系の私は4月下旬でした。
面接形式は全く同じですが人数が倍になって偉くなります。
技術面接と同じことしただけなので省きます。

また、SPIが120分ありました。
難しい問題はなく、典型的問題だけなので
問題集1冊やっとけば十分でしょう。
早く確実に解く練習を繰り返しておけばOK。
(SPIの結果はあまり考慮に入れないそうなので)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【感想】
カネカは時間にルーズな会社だと思いました。
選考日程きっちり、時間もきっちりやってる
大企業ばかり受けていたから錯覚してるだけかもですが、
日程もあやふやだし、通過連絡も遅かったり
みん就にもいろいろ不満が書かれていましたw
1か月待たされたあげく、不合格とかあったみたいです・・・
(旭化成もそんなイメージですね)

ただ、選考内容はかなり経験値がおいしいです!
プレゼン慣れしてない方は、ぜひ受けてみて
上手く答えられなかったところをメモしておきましょう。
必ず後で役に立つと思います。
「就活は慣れ」とよく言ったものです。

【2010年度】#17 旭化成の選考

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw


引き続き、総合化学メーカーの旭化成です。
最初に言っておきますが、詳しい事は語れません。
本当に意味不明というか、不透明な選考でした。
そんな会社もあるのよ、という例として見てください・・・
旭化成はホントに様々な事業分野があって、まるで何でも屋。
家関係、化学製品、生活製品、医薬医療、繊維、エレクトロニクス、建材
これら総合して「旭化成グループ」と呼ばれるのですが、
入社時には、「旭化成ホームズ」「旭化成ケミカルズ」のように
配属される会社がほぼ決まっています(ESに希望職種を書く)。
化学・バイオ系研究職志望になると
「研究開発職(素材系)」か「研究開発職(医薬系)」の2つが有力で
それぞれ「旭化成ケミカルズ」「旭化成ファーマ」に勤めることになるでしょう。
他にも「生産技術職」や「知的財産職」などもあります。

みん就(http://www.nikki.ne.jp/bbs/3407/)
旭化成採用情報(http://www.asahi-kasei-jobs.com/10/index.html)

そんな旭化成ですが、採用人数はやはり多いです。
しかし、分野別に見てみると富士同様に
相当厳しくなるのもお分かりだと思います。
全体では200人前後の採用数を誇りますが、
研究職の化学・バイオ系に絞ると合計50名程度でしょう。
ケミカル40人、ファーマ10人といったところでしょうか。
それに、推薦枠もありますので、一般応募だと
余計に難易度も高くなるでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 旭化成新卒採用概要
・研究職採用人数 ★★★★★(50名程度?)
・去年までの違い  ?????
・選考ステップ数  ★★☆☆☆
・難易度(体感)   ★★★★☆

はじめに、選考の流れから。
【WEBエントリー】→【ES提出(手書き)】→【面接】

電機・機械業界のようにステップは少なめです。
合格者のみに通知ですので、落ちたら放置されます。
面接も、リクルーター面談形式や技術面接がありますが
選考分野や学歴によっても違ったりするみたいです。
(この辺りが非常に不透明で毎年批判があるそうですw)

以下、選考の内容を書くまでも無く
私自身もこの不透明な選考体験者ですので、ES質問だけ。
リクルーターと1回接触したのみで以降全く連絡来ませんでしたw
リクルーター面談合格者やES通過者は、(この辺りも曖昧)
次回の技術面接のみで内定貰っていたり、
更にリクルーター面談が複数回あったりと、
非常にバラエティに富んだ選考になっているようです。
明確な選考基準は、人事のみぞ知るといった感じでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ESの質問は以下の通り。
締切は1月~2月にかけて数回ありますが、もちろん早めに出しましょう。

・学生時代ご自身が最も注力したこと及びそこから得たこと(200文字以内)
・取り組んでみたい仕事(200字)

これだけ。
研究概要も添付したと思うので(メモ取って無くて覚えてません・・・)
もしかしたら、花王並みに研究マッチング重視なのかも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【感想】
いつどのように選考が行われているのか
全くわからない会社でした。
合格発表日も無いし、面接も形式がいろいろあるし。
私があまり深くまで選考進んでないからかも知れませんが、
他社に比べホントに分からないですw
これに関しては、みん就のレポートが一番分かりやすいかと。
10月にはリクナビ等と一緒にオープンになるのでしょうかね。
(こ、これは手抜きじゃないんだからねっ)

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw

【2010年度】#16 富士フイルムの選考

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw

本日からは化学業界を何社か紹介!
総合化学メーカー?である富士フイルム(以下、富士)です。
富士は少し変わった化学メーカーで、
もともとは写真屋さん。なのでデジカメとかもやってます。
また、最近医療に力を入れだして、富山化学工業を傘下にしました。
今後も力を入れる分野であるので、バイオ系も採用してます。
女性なら知っている人も多いと思いますが化粧品もやっていて、
説明会なんか生物系の人がかなり多かったです。
抗インフルエンザ薬の研究なんか面白そうですね。

みん就(http://www.nikki.ne.jp/bbs/4901/)
富士フイルム採用情報(http://www.fujifilm.co.jp/corporate/jobs/graduates/index.html)

そんな富士ですが、採用数は100人超と大量採用です。
しかし、前述のとおりかなり広分野の採用をしてます。
かなり大規模な会社なので、事務系も多く含まれてることに注意!
だいたいの採用人数を書くと、技術系100人・事務系50人
そのなかで技術系の内訳は、
化学系60人・生物系10人・機械系30人くらいではないかと。
(特に根拠は無いですが、面接等では化学系・機械系がほとんどでした)
化学系は比較的多いのですが
バイオ系は製薬とか化粧品とほとんど変わらない人数。
(説明会時に生物系は取るかどうか分からないと
仰っていたので、多くて10人程度だと思われます)

資生堂と同じように、かなりの倍率が予想されます。
しかも工場勤務とかもあったりするので、
必ずしも研究をやれるかは不明です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 富士フイルム新卒採用概要
・研究職採用人数 ★★★★★(100名前後 butバイオ系は激少)
・去年までの違い  ★★☆☆☆
・選考ステップ数  ★★☆☆☆
・難易度(体感)   ★★★★☆

はじめに、選考の流れから。
【WEBエントリー】→【ES提出(WEB)】→【グループ面接】→
→【ES提出(手書き)】→【面接・筆記テスト】→【最終面接】

電機・機械業界のようにステップは少なめです。
しかも推薦もあるので、その場合は
【ES提出(WEB)】→【グループ面接】が免除になります。
ただ、合格率は一般でも推薦でも変わらないとの事。

富士での一番のポイントは
「瞬発力」だと思います。
この会社の面接は非常に淡々と進みます。
受験数が圧倒的に多いからなのか、
結構器械的に処理されますw
その中で自分の魅力を瞬時に伝えなければいけません。
刹那に最大限の力を出さなければ通過できないと思いました。

以下、選考の内容を書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この会社は大きく分けて3つのルートで選考されます。(たぶんw)

①一般組:上記の流れの通りです。
②推薦組:【ES提出(WEB)】→【グループ面接】が免除
③特待組:推薦書出さないが【グループ面接】が免除
特待組は、高学歴やESが秀逸な方、積極的に興味を示している人
(冬の研究所見学や2月の説明会参加者)が対象になるっぽいです。

【エントリー(WEB)】12月?
結構遅めだった気がします。10月からエントリー始まってるかもしれませんが。
研究所見学、説明会申込等には必要なので早めにエントリーしましょう。

【ES提出(WEB)】随時(早く出せば早く選考してもらえる)
ここはメモするのを忘れてしまったため詳しく書けません・・・
たしか200字程度の志望動機・自己PRくらいだったと思います。
出せば全員次のグループ面接に進めます。
秀逸だったらグループ面接免除な気がしますw

【グループ面接】3月下旬~随時
1:5,6人でかなり和やかな雰囲気で行われます。
言葉では上手く表現できませんが、簡単に言うと雑談的な感じ。
技術系人事とか出てこないので、
人個人の雰囲気とか見ているのでしょうか。
通過基準はあまりよく分からないものです。

【面接・筆記テスト】4月上旬~随時
推薦組やグループ面接通過した人はここの面接前に
ES(手書き)を郵送しておきます。+成績証明書

質問は以下の通り
・どのような仕事を希望か、具体的イメージを(200字程度)
・応募理由(200字程度)
・自身の強みと弱み(200字程度)
・穴埋め問題(以下の○○○を書いて文章を完成させる、恒例質問)
  ・グループの中で私の立場は、○○○
  ・私の人生で一番失敗したことは、○○○
  ・私の成功体験は、○○○
  ・私の苦手なタイプの人は、○○○
  ・友人から見た私は、○○○
  ・私が人より勝っているのは、○○○
  ・私が自分について変えていきたいのは、○○○
  ・私の野心は、○○○

意外と面倒ですw

面接は技術面接で1:2,3人(技術系人事含む)で行います。
パワポ10分間で研究内容発表後、30分間質問に答えていきます。
毎回言ってますが「差別化」がかなり有効でした。

筆記テストはマーク式でSPIです。
難易度としては参考書にあるのとほぼ同じ。
ただ、足切りに使うだけと言っていたので、
8割くらい取れれば問題無い(高得点でも有利にはならない)です。
あとは500問の性格テストです。
こちらの方が精神的にも肉体的にも疲れましたね・・・

【人事面接】4月中旬~随時
1:5,6人(お偉い方オンパレード)で30分ほど。
形式上、最終面接ですので、自分を飾らずに
「自分はこの会社に合ってるか」
逆に審査してやろう的な気持ちでいくと良いと思います。
緊張しすぎてしまうのは、一番NGだと思いました。
多分速効で落とされますw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【感想】
富士のみならず、化学業界は
明確なES締切や面接日程を設定していません。
(財閥化学、旭化成、帝人、カネカ etc...)
従って、早めにESを出して選考に乗ることが
最も内定への近道なのかもしれません。
富士も、だらだらと8月くらいまで選考を行ってました。
しかし、早ければ早いほど合格のハードルは低く
内定の出る確率も数十倍は高いと思われます。

PS.最近手抜きがちだったので、少しだけ気合い入れて書いてみましたw

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、毎日書く気になりますw

【2010年度】#15 資生堂の選考

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw

本日は化粧品業界No.1の資生堂です。
化粧品業界は薄給激務とよく聞くのですが、
私は化粧品研究にはかなり興味があったので
「やりがい」重視して受けることにしました。
また、様々な分野から採用するのも
化粧品業界の特徴でありますので、
バイオ系にも結構チャンスがあります。

みん就(http://www.nikki.ne.jp/bbs/4911/)
資生堂採用情報(http://www.shiseido.co.jp/recruit/teiki/index.htm)

研究所は訪問してないので雰囲気は分かりませんが、
本社はやはり華やかな感じがしました(東京のど真ん中ですし)。
選考中、「もてなされている」と一番感じた会社ですね。
さすが「100%お客様志向」を詠うだけあるなと思いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度 資生堂新卒採用概要
・研究職採用人数 ★☆☆☆☆(20名前後)
・去年までの違い  ★★★★☆(面接は4月以降になった)
・選考ステップ数  ★★★★★
・難易度(体感)   ★★★★★

はじめに、選考の流れから。
【WEBエントリー】→【ES提出(WEB)】→【説明会&面接&筆記テスト】→以降面接

化粧品業界のわりには選考ステップが比較的短いです。

資生堂での一番のポイントは
「運」だと思います。ごめんなさい・・・
他業界も含め、資生堂は志望者が桁違いに多いです。
その中から20人を選ぶのは人事からしても難しい事。
したがって多種多様な職種から面接官を選出し、
最初の段階では、その一人が通過を決定するのです。
人の好みに合うかなんて、話してみないと分かりませんw
そういう意味で「運」が大切だと思いますね。
まあ、通過する人は「物怖じせず確りと話せる人」
なのは確かなので、いわゆる「リア充」的人間になる事ですね!


以下、選考の内容を書いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【エントリー(WEB)】10月~
たしか10月からだったはず。
第一志望だったので早めにエントリーした気がする。

【ES提出(WEB)】3月上旬締切
資生堂のESは、就活においてかなり有名で話題になったりします。
というのも、ものすごく質問が多い!内容が難しい!面倒!!
とりあえず全部の質問を書いておきますが、
見ただけで嫌になるのは間違いないです・・・
これを書く気力も選考に含まれているのかな。
(ESの通過率はほぼ100%なので、出せば面接に行けます)

以下ES質問内容
・基本情報(氏名・住所・大学・サークル・資格etc...)
・資生堂にエントリーしたきっかけ(200字以内)
・説明会で印象に残ったこと(100字)※説明会に参加したことのある人
・研究のタイトル
・研究によってあなたが明らかにしようとしている疑問、
 もしくは解決しようとしている課題は何ですか。具体的に(100字)
・その疑問を解決するために実施している研究の手法・手段を、
 得意なもの・習熟しているものから3つ挙げてください。(30字以内)
・化粧品の研究開発にかけるあなたの想いを述べてください。(200字)
・10年後当社でどのようなキャリアを歩みたいか、
 またそのために今後何をしなければならないのかについて、
 あなたの考えを具体的に述べてください。(200字)
・10年後のお客さまの姿を想像してみてください。
 その10年後のお客様は、どういう化粧品を求めていると思いますか?
 具体的に5つまであげてください。
・ここ2~3年の間で大きな失敗をしたことを思い出してください。
 あなたはそこから何を学びましたか。
 また、現在、ご自身の成長のためにその学んだことをどのような糧とし、
 あなたのどのような行動の源としていますか。
 失敗した内容(100字)+失敗から学んだこと(50字)
 +現在、学んだことをどのように消化し、
 どのように自分の強みや魅力にしていますか(100字)
・ボランディア活動や地域社会活動など、人と接した体験を通じて、
 あなたが影響を受けたこと、また相手に影響を与えたと思うことを、以下の質問に沿って
 ①いつ頃、どのような体験をしましたか。(100字)
 ②あなたはどのような影響を受けましたか(100字)
 ③相手にどのような影響を与えたと思いますか(100字)
・「新しい価値の創造」という言葉を聞いて、
 あなたはどんなことを考えましたか。(100字)
・大学時代の成績について

どうでしょう?
面倒くさいでしょう?
手書きじゃないのが唯一の救いです。
各質問の制限字数自体は少ないのですが、
結構内容が充実しているため、考えるのに時間がかかりました。
簡潔に分かりやすく伝えることが一番大事です。
しかーし!
出しさえすれば誰でも通過するらしいです(詳細不明)
だからと言って気を抜かずにしっかり書きましょう。
面接に向けての良い練習にもなると思いますので。

【説明会・面接・筆記テスト】4月上旬
ES通過連絡後すぐに説明会を各自予約して出席。
東京と大阪で行われたのですが、
私はちょうど違う選考に行っていたため、
予約が遅くなり既に東京会場は満席w
しかし、根気よく2時間くらいPC前でずーとキャンセル待ちしたら
無事に東京会場を予約できました。
交通費支給は無いので、大阪行くのかとヒヤヒヤしましたよ。
就活において会場予約って結構重要で、
チャンスを逃すと選考すら受けられない会社もあるので
予約開始日時など、きちんと整理しておくのも大事です。

ここでは、説明会後に面接組とテスト組分かれます。
(結構の人数が1日の日程に参加するので
グループに分かて行うのは基本。
有名企業だとこの形式はよく採られます)


面接は集団面接で、質問は1つのみ!
事前に何が聞かれるかWEBに書いてあります。
今年は例年と一緒で
「ここ2,3年であげた成果を挙げ、
そこで取った具体的な行動を教えてください」

これを一人2,3分程度で発表後5分くらい質疑応答。
グループは5人いるので全部で約50分。

テストはマークですが、かなり難しかったです。
理系の専門的な問題も出されます。
通常のSPIより少し難しい問題に加えて
専門試験は、生物ー工学まで様々な問題でした。
生化学のクエン酸回路の問題もあれば、熱力学のカルノーサイクルとか。
マーク試験なので、ちょっと復習していれば分かるものの
逆に何も勉強しないと全く答えは導き出せませんw
私が就活でやったテストの中で一番難しかったです。

【面接】4月下旬まで
以降通過者は面接に進むのですが、
私はここで敗退したので詳細は分かりません。
そのうちみん就に2010年度の内定者が
選考の様子を書いてくれたものがUPすると思うので、
そちらを参考にしてみて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【感想】
資生堂はホントに憧れの会社なのですが、
やっぱり研究職はほんの一握りの人間しかなれません。
(もちろん、バイオ系で就活に挑戦する人も同様です)
私はたまたま運が良かっただけだと思うのですが、
他業種・他職種もいろいろと考えた方がいいのかもしれません。
資生堂みたいに、面接でフルボッコされた会社の選考のあとは
学校に帰って、リクナビで違う職を一生懸命探してましたw
(資生堂の選考は4月だったので、もう後が無かった・・・)
あと、学歴ってこんなに大事なのか、というのも
今年の就活をしてみて痛感したものでありますw

人気ブログランキングへ
↑押していただけると、更新意欲が格段に上がりますw

2010年度 選考内容まとめ

#19 カネボウ化粧品の選考
#18 カネカの選考
#17 旭化成の選考
#16 富士フイルムの選考
#15 資生堂の選考
#14 ロート製薬の選考
#13 日本新薬・日本化薬の選考
#12 協和キリン・田辺三菱の選考
#11 大正製薬・大鵬薬品の選考
#10 武田・第一三共の選考
#9 メグミルクの選考
#8 KAGOME・カルピスの選考
#7 明治乳業・森永乳業の選考
#6 味の素・AGFの選考
#5 コーセーの選考
#4 ヤクルト本社の選考
#3 ライオンの選考
#2 花王の選考
#1 大塚製薬の選考

採用数の変遷
2010卒の採用大学

------Back Number------ 特許の調べ方
研究の差別化について
就活に必要な5つのコト
SPIノートの会
WEB・SPIテスト対策

エントリーシート提出時期傾向

製薬業界全体の傾向
化学業界全体の傾向
食品業界全体の傾向

----選考内容(分野別)----

最新記事

プロフィール

ないん

Author:ないん
新薬を創る研究者として働くなりました
「ないん」と申します。
メール:
ninespiritあっとgmail.com
↑「あっと」を「@」に直して下さい

初めてご訪問の方は
このブログについて・ご注意
ぜひ一読お願いします。

詳しいプロフィール

カテゴリ

Access

since 2009.8.18

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログパーツ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索/RSS


FeedBurner


↑iGoogleをお使いの方はぜひ




最新おすすめ就活本

リンク

ランキングに参加してます

↓クリック頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ないん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。